求人情報

当院の紹介

職種別 募集内容

 

こんな職場です

こんにちは、院長の 高 良 こうら   広 之 ひろゆき です。

院長

スタッフ募集をご覧いただきありがとうございます。
私たちは「ようこその気持ちでお迎えする一次診療」を目指しています。

北海道の小さな動物病院ですが、私たちができる精一杯のことをやり、さらに新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。

「きらりと光るジェネラリストを目指して!」そして、この自然環境のすばらしいオホーツクに暮らしスローライフも大切にしながら、充実した人生を送ってほしいと思います。 私たちが大切にしている4つのことをご紹介しながら、アース動物病院の素顔をご覧いただければと思います。

 

私達の取り組み

すべての従業員が仕事を通して満足を得られ、 充実した人生をおくれるような職場作りをめざしています。

診察の流れ|ご利用の流れ|矢印

0.5次診療を充実させます。「寄り添う動物医療の進化」

0.5次診療とは、予防を中心に病気でなくても通っていただけるような診療体制です。

年間パスポート会員

伝染病予防や病気の早期発見ができるよう、会員様に向け、こと細かなフォローを行っています。

スキンケアトリミング

一般トリミング屋さんで断られることの多い高齢な犬、慢性病、皮膚病などを患った動物たちの医療視点からのトリミングを充実させます。

ショートステイ

主に高齢動物や有病動物、特別なお世話や介護の必要な動物たちのお預かりをしています。

病気になりにくい栄養学

健常な動物にはプレミアムフード。病気の動物への療法食を確かな知識でフォローしていきます。

より充実した一次診療を!人と動物の絆を大切にした獣医療

0.5次診療で見つかった病気の動物たちを確実に診断し、治療につなげ、飼主様が笑顔になれるよう学び続けます。

スキルアップセミナー

アース独自のスタッフ向け院内セミナーです。定期的に一流講師を招へいし膝を交えたセミナーを行っていきます。キラリと光るジェネラリストになるために!

学会、講習会への参加をバックアップ

獣医師・看護師とも専門技術習得希望者をバックアップしていきます。

コミュニケーション力のさらなるスキルアップを目指します。

長く勤めていける職場作り

アース動物病院では、労働基準法を遵守した就業規則を作成し、労働時間、休日、休暇、産休、育休、その他社会保障制度が充実しているので、特に女性がその人生プランに添った働き方ができる職場です。女性が働きやすい職場は、男性にも働きやすい職場といえます。

また院長が定期的にスタッフ全員と行なう個人面談を通して、個々の悩みや人生計画について配慮し、浮かび上がる職場の問題点を早期に共有化することで、解決策を全員で考えることのできる風通しの良い職場環境であります。

 

アース動物病院 看護師の1日

 

スタッフの声

診察の流れ|ご利用の流れ|矢印

何より楽しいと思える職場を目指して頑張りたい

動物看護師

動物看護師 総務部長 佐 藤  明 美

アース動物病院に勤務して早20年になります。最初はパートで受付と経理を任され、その間に2人の子を出産して今に至ります。 世間一般的に結婚・育児を機に、仕事を離れざるを得ない女性がほとんどです。幼い子どもは急な発熱や体調を崩したりしがち、 そんな中で周りの人たちがどれだけのフォローができるか、仕事と家庭の両立は周囲の人達の協力が必要なのです。

私がこれまで勤務を続ける事ができたのは、周りの励ましや、助けがあったからです。 アース動物病院は働ける環境は整っていますので、今後は立場を替え色々な悩みを聞きながら若いスタッフを支えてあげられたらと考えております。 また、院内・院外セミナーや勉強会、またスタッフ全員で新人を指導する環境も整っております。これからの若い子たちが出来るだけ長く勤めていける様に、 そして、何よりこの仕事を楽しいと思える職場を目指して頑張りたいと思っています。

「やった!」って気持ちになるのです

動物看護師

動物看護師 木 村  恵 子

大学では農学を学んでおり、動物看護の勉強をした訳ではなく、動物医療現場の考え方からはじまり、分からないことだらけでした。 ですが、看護師の先輩や獣医師の皆さんに一から丁寧に教えて頂き、やっと動けるようになってきたのかと思います。 出来ないことが多い分、出来ることが増えることがとても嬉しいです。動物に対してやってあげられることが増えて、それが実践できて上手くいったときにやり甲斐を感じますね。

病院では常によりよい診療を目指して、よく勉強会が開かれています。難しい内容で参加したその時はピンと来ないことも、業務を通じて理解できることもあって「やった!」って気持ちになるのです。その度に、もっと頑張って病気のことや看護のことを勉強したい、という気持ちが湧いてきます。アース動物病院はそうやってとても成長できる職場ですね。

支えられて乗り越えてきました

動物看護師

動物看護師 古 川  恵 理

私が入社した当時は、ベテランの先輩方に手取り足取り教えていただく環境でしたが、月日が経ち、気がつけば自分が後輩に指導する立場になっていました。 看護師の先頭に立って働くのは相当なプレッシャーがあり、毎日不安を感じていましたが、その分毎日動物たち、飼い主様方、そしてスタッフに支えられて乗り越えてきました。

飼い主様との会話で「退院後すごく体調がいいの」「こんなに大きく成長したの」と、その後の様子を聞かせていただいた時は嬉しくなります。 当院が“コミュニケーションを大切にしている病院”とうたっているように、スタッフ間だけではなく、飼い主様とのコミュニケーションも多い職場なので、 毎日やりがいを感じて働いています。

新人でも安心して学べる環境が整っています。

獣医師

獣医師 西 原  佳 歩 里

新人獣医師として看護業務を教わることから始まり、先輩医師との診療見学を経て、少しずつですが主体的に診療に携わる事が出来るようになりました。 診察に出始めた当初は、緊張しすぎてたどたどしい口調になってしまい、後ろで見守ってくれていた先輩方に何度も助け舟を出して頂きましたが、 1年たった今では1人で診察に出ることが出来るようになりました。

先日、私が診察から治療まで担当し全快した犬の飼い主様が診察室を出られる際に、 「本当にお世話になりました。ありがとうございました。」という言葉をかけて下さいました。 この言葉が心から嬉しくて、1人でも多くの患者様にこの様に思って頂けるような獣医師になれるよう、努力していきたいと思います。

アース動物病院では、一から段階を踏んで教えてもらえ、全スタッフが親身になって指導してくれるため、新人でも安心して学べる環境が整っています。 私は、たくさんの動物病院がある中でこの病院で働けて本当に良かったと思っています。

この仕事を選んで良かったと心から思います

動物看護師

動物看護師 中 家  奈 々 子

私は札幌の専門学校を卒業し、アース動物病院で働きはじめました。
最初は分からない事だらけで不安な毎日でしたが、先輩看護師をはじめ、全スタッフがとても親切に仕事を教えてくれたおかげで、 段々と出来る事も増えてきて、今では仕事が楽しいと思えるようになりました。 難しい事も沢山ありますが、その分遣り甲斐も感じられます。元気になっていく動物たちと飼い主様の笑顔をみるたびに、 この仕事を選んで良かったと心から思います。

アース動物病院には、院内ライセンスというものがあり、私たちは資格取得のために日々勉強しています。勉強して身に付けた知識を飼い主様に伝え、 成果が出たり、直接感謝の言葉を頂けると、とても励みになり、もっと頑張ろう!という気持ちになります。 これからも学び続ける気持ちを大切にし、日々成長していけるように頑張りたいです。

仕事の楽しさや、やりがいを見つけることができました。

動物看護師

動物看護師 荒 井  美 郁

私は2年前に市内の高校を卒業し、アース動物病院に就職しました。 最初のうちは、社会経験も知識も資格もない自分が動物病院で働いていけるのか不安に思っていました。 ですが、入社してすぐにオリエンテーションがあり、言葉遣いや電話対応、臨床現場に立つ前の心構えについて先輩方が詳しく教えてくれました。

また日々の業務や専門知識について、わからない事や気になった事があった時には、業務基準書があるため自分で確認できるし、先輩方が1から丁寧に教えてくれます。 そして、アース動物病院ではアシスタントでも取れる院内ライセンスが沢山あり、勉強すればするだけ色々な事に挑戦する事ができるので、とても仕事にやりがいを感じられます。

まだまだ知識不足な所も多い私ですが、向上心と目配り心配りを忘れず、飼い主様と動物達のお役に立てるよう日々精進していきたいです。

 

先輩獣医師の声

3年以上勤務され開業しているか開業予定の先輩からのメッセージを紹介します。

矢印

荒井 先生からのメッセージ

先輩獣医師

写真(左)

荒井 先生

  • 勤務歴:平成8年4月~平成15年3月(7年間)
  • 病院名:たんの動物病院  北見市端野町端野16-1
  • 開  院:平成15年5月
先輩獣医師

私は、日獣大を平成8年に卒業後、アース動物病院(北見市)に就職。イメージは北の果てまで来た、この就職が、私にとって、とても良い人生へと繋がりました。院内勉強会、近隣の先生たちとの勉強会、道外・道内へのセミナー参加も積極的に行われており、向上心のある先生たちは、間違いなく育ちます。

私は、7年間の勤務医時代にスパルタ教育(笑)を受けた後、飛躍的に成長し、確信を持って、平成15年5月に開業することが出来ました。当院のスタッフは動物看護師4名、トリマー1名、受付1名、院長1名の計7人です。端野町は10年前に北見市と合併しましたが、人口5千人の小さな町です。のんびりとした時間が流れる街ですが、院内では、多くの歯科症例や難症例と格闘しています。

定期的に開催されるアースゼミでは、石田卓夫先生をはじめ、蒼蒼たる先生を講師に呼び、そんな難症例に対するアドバイスを頂き、日々の診療に活かされています。大きく育ちたいという先生には、是非ともお薦めの職場です。開業志望の先生も多く勤務されており、アースから巣立っていった先生方が数多く居られます。

北見市は、海も山もあり、近隣には温泉や美味しい食べ物が豊富にあり、隙間時間で気持ちのリフレッシュが出来るのです。仕事も私生活も充実したいという有志よ、集まれ!きっと、アース動物病院と北見の魅力に取り付かれることでしょう。お待ちしています。

國分 先生からのメッセージ

先輩獣医師

國分 先生

  • 勤務歴:平成20年4月~平成24年1月(3年9か月)
  • 病院名:メルどうぶつ病院  栃木県小山市西城南3-12-10 TSタウンK-1・2号
  • 開  院:平成26年4月21日
  • URL  :meru-ah.com
先輩獣医師

右も左も分からず、まともに採血すら出来ない、ただ知識だけがある状態でアース動物病院に入社しました。分からないことを先輩獣医師に確認しながら、そして助けてもらいながら診療に対する考えやアプローチなどをこの4年間に経験させてもらいました。

当初、アース動物病院に実習に来る際にも、「北見ってどこ?」「知床の下じゃん!!」とびっくりし、最新の治療法や考えがあるのだろうか?と心配になっていました。しかし、入社してみると東京や大阪の学会にも行かせてもらえる機会も多く、自分のやる気さえあれば多くを学べる職場であると認識しました。これからの獣医師人生はまだまだ長いものとなりますが、今後の診療における礎を築けた病院であると思っています。

「うわ~!田舎だな~!!」と思っても一度、観光がてら実習に来て見ちゃいなよ!
『百聞は一見にしかず』ですよ。

田中 先生からのメッセージ

先輩獣医師

田中 先生

  • 勤務歴:平成21年4月~平成25年3月(4年間)
  • 病院名:遠軽わっか動物病院 北海道紋別郡遠軽町清川54-7
  • 開  院:平成29年10月3日
  • URL  :www.wacca.club
先輩獣医師

酪農学園大学を卒業し、アース動物病院に就職しました。就職活動として他にもいくつかの動物病院を見学をしましたが、アース動物病院で働きたいと思ったのは3つの理由がありました。

  1. 地域の中核病院であり、一般診療から紹介症例まで、幅広く、数多く経験できる
  2. 勤務医の治療方針を尊重し、サポートしながら進める診療スタイル
  3. 学会参加がしやすく近隣病院との勉強会がある

アース動物病院での4年間で院長、先輩獣医師や動物看護師のみなさん、飼い主さまに基本優しく、時に厳しく指導していただきいろいろな経験を積むことができました。日々勉強が必要な獣医療ですが、基本的な診察スタイルはアース動物病院で学ぶことができたと思います。アース動物病院を退職後は、東京の病院での勤務後、現在は北海道の病院で勤務しながら大学で研究生をしています。

来年にも開業の予定ですが、アース院長、美幌院長、開業されている先輩方にアドバイスもしていただきとても心強いです。

就職先を考えている学生さん、獣医さん、アース動物病院で地方獣医療を支えてみませんか?

ps.北見は川も海も山も近く、アウトドア好きにはこれ以上ない環境です。
あと北見グルメもなかなかです。オホーツク海では鮭はもちろん、 最近はブリも釣れます! マラソン大会もいくつか開催されており、オホーツクの綺麗な景色の中を走るのはとても気持ちいいです。院長はフルマラソンを走るランナーです。 焼肉がおいしく、人口あたりの焼肉屋件数が日本一とか。あとミント押しです。味はともかくミントソフトクリーム!1度たべても病みつきにはなりません。

多田 先生からのメッセージ

先輩獣医師

写真(右)

多田 先生

  • 勤務歴:平成24年6月~平成28年2月(3年8か月)
  • 病院名:さつき台動物病院 神奈川県川崎市麻生区片平1-5-1-1階
  • 開  院:平成28年4月4日
  • URL  :www.satsuki-amc.com
先輩獣医師

私は帯広畜産大学を2009年に卒業後、川崎市の24時間診療の病院に3年間勤務した後、獣医師としてのスキルアップのため外科がしたくて、田舎で紹介先の無い&人手不足の病院に勤務しようと考え、ちょうどそんな状態になっていたアース動物病院へと入職しました。

当時は結婚して1年しか経っておらず、夫婦ともに東京都出身であったため、妻は本当は北見について来たくなかったのかもしれませんが、実際に住んでみるとイオンが近くにありそんなに不便なことは無いと言っていました(雪道の車の運転ができれば)。

きれいな景色があったり、美味しい食べ物があったり、魚が釣れたりは他の先輩方が書かれているので割愛しますが、まさしくその通りであると思います。

アース動物病院では、診療は何でも自由にやらせてもらえます。ただ、何でも自分で調べてやらなくてはならないので、やる気と勇気と熱意がなければスキルアップはできないと思います。やりたいように検査も手術もさせてもらう反面、常に勉強し、患者さんへの説明もしっかりし、他の獣医師へ配慮し足並みをそろえることも考え、責任も自分で最後まで持つのがルールです。世間では〜手術で有名な先生だとか、~分野で有名な先生なんかがたくさんいらっしゃいますが、結局は目の前の患者さんにとってベストな獣医師でなくてはならないし、そのためには知識と技術だけではダメだということに気がつけたのは、オホーツクの患者さんとアース動物病院の環境があったからだと今は思っています。

決して環境に恵まれた診療環境では無い(労働条件は良かったですが)、オホーツクの患者さんの治療への熱心さは国内トップレベルだと思います。そんな患者さんの期待に応えて、一緒に獣医師として成長できるかは自分次第ですが、熱意と体力(学会に参加する際に特に必要)と良心がある獣医師であれば大丈夫だと思います。

とにかく患者さんの期待に応えようと(頑張りを表に出すタイプではないのですが)約4年間頑張りました。そんな姿を当院で定期的にセミナー行っていただいている石田卓夫先生は見ていてくれて、私のことを気にかけてくれたのではないかと思います。その後、石田先生の紹介で実家近くの移転した病院の跡地で開業するというラッキーなことになりました。また、北見に住んでいる間に一族初の道産子娘も産まれました。アース動物病院で頑張れば、いいことあるかもしれません。

求人に関する質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 
お問い合わせ
PAGETOP