アース通信 vol.22

2020年03月02日
 
アース通信Vol.22
春が待ち遠しい季節です。
. 手洗い

寒い日や暖かい日が繰り返されている今日この頃ですが、、
飼い主様もワンちゃん、猫ちゃんも元気にお過ごしでしょうか? もう少しすると雪も解け始め、お散歩が楽しみな時期になります。 コロナウイルスの流行もありますので、外出後は手洗い、うがい等 の予防にも気を付けていきましょう。

知らないと超危険!?あたたかくなるこの季節、ノミ・ダニからご家族を守りましょう!

あたたかく楽しい春がやってきます。
ペットとお花見を予定している飼い主様もいるかと思いますが、
そこで注意が必要なのは、ノミ・ダニです。
まだ本格的に春じゃないし…と思っていても、地域によっては2月にダニに咬まれた
というケースもあります。
また、「室内飼いだから、うちは大丈夫」という油断も禁物です。
ノミやダニは、人の服などに付いて家の中に入ってしまうので、
室内飼いを理由に予防を怠るのは大変危険です。
そしてノミやダニの怖いところは、動物だけではなく
人にも致死的な害を及ぼすことがある点です。
今回はそんなノミ・ダニが原因となるこわい病気のうち、
いま日本で最も危険視されているSFTSという病気についてご紹介します。

猫、犬 SFTS(重症熱性血小板減少症候群)
. 日本

夏場は日本でも殺人マダニに注意と話題になりましたが、
SFTSはマダニに吸血されることで感染する恐ろしい病気です。
もしくは、マダニに咬まれて感染した動物(野生、屋外で飼育されている動物) の体液などにより感染します。
感染患者の血液、体液との接触感染も報告されています。
マダニは野外に生息する大型のダニで、屋内に生息するダニ
(コナダニ類・チリダニ類など)はこの疾患とは関係ありません。
2009年に初めて中国で報告され、日本では2013年に国内で
初めて人の死亡例が報告されました。
その後日本全国で、2020年1月までで498名の感染届出があり、
うち70名死亡と高確率で生命のリスクがあります。
(一般的に致死率は6~30%といわれています。)
潜伏期間は6日~2週間程度です。
主な症状は発熱と消化器症状(おう吐、下痢など)が中心で、
倦怠感、リンパ節のはれ、出血症状なども見られます。
野外でマダニ等に咬まれないようにすることが大切です。
草むらややぶなど、マダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、
足を完全に覆う靴を着用し、肌の露出を少なくすることが大切です。
またワンちゃん、猫ちゃんがSFTSウイルスを持ったマダニを
生活環境に持ち込み、人がマダニに咬まれてSFTSに感染する可能性があるため、
マダニ予防は必須なのです。

今月の予定
PAGETOP