24年【秋号】Vol31

  • 2012年8月24日(金)

~感染症・中毒について~

人畜共通感染症(ヒトと動物の双方が感染しうる疾病)
病名 感染ルート ヒトでの症状
狂犬病 罹患動物に咬まれる事による感染 頭痛、不安感、痙攣、死亡
エキノコックス症 虫卵汚染した食物、水の摂取 肝臓腫大、黄疸、放置で死亡
レプトスピラ症 感染動物の尿中に出た病原体との接触 発熱、頭痛、嘔吐、黄疸
ライム病 感染動物を吸血したマダニに刺され感染 輪郭の明瞭な紅斑、関節炎
犬糸状虫症 感染動物を吸血した蚊に刺され感染 咳、発熱、胸痛
皮膚真菌症 感染動物との直接接触 頭部や手足の皮膚の円形紅斑
疥癬 ヒゼンダニに感染した動物との接触 皮膚の痒み、発赤
中毒(分解または排泄できる容量を上回り蓄積される)
有毒名 原因物質 症状
ネギ中毒 タマネギ、長ネギ、ニラ、にんにく等 食欲不振、貧血、黄疸、死亡
メチルキサンチン中毒 チョコレート、カフェイン、コーラ等 嘔吐、下痢、多尿、興奮、痙攣
エンテロトキシン中毒 古い食品、水、死肉中の微生物 嘔吐、下痢、多飲多尿、鼻血
ビタミンA中毒 ビタミンAを多く含む食品 骨、関節の痛み、視力障害
ビタミンD中毒 ビタミンDを多く含む食品 跛行、食欲不振、嘔吐、多尿
鉛中毒 ペンキ、ハンダ、釣具のおもり 嘔吐、下痢、食欲不振、興奮
水銀中毒 水銀電池、体温計 流涎、嘔吐、下痢、麻痺
植物中毒 スイセン、クロッカス、アロエ等 嘔吐、下痢、流涎、痙攣
有機リン、ホウ酸 殺虫剤、殺鼠剤 嘔吐、下痢、意識混濁、死亡
ヒ素中毒 無機ヒ素剤、有機ヒ素剤 流涎、虚脱、痙攣、呼吸困難
その他 石鹸、洗剤、漂白剤、シャンプー、マッチ、ガソリン、不凍液、花火等 元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢、黄疸、咳、涙、死亡


ヒトと動物が生活を共にする中でヒトから動物、動物からヒトへの病原体の感染には注意を払う必要があります。また、生活環境中に存在する様々な物質の誤食が招く中毒にも注意しましょう。

 
トップへ戻る