アース美幌通信 Vol.12

  • 2017年12月 5日(火)

12月になり、今年も残すところあと1ヶ月になりました。今年は、どんなことが 思い出に残っていますか? 気温も低く、風も冷たいので体調管理にしっかり気を付けて、楽しい年末をお過ごしください。

冬の低温やけどに注意!

本格的な冬になり、毎日気温が低くなっています。わんちゃん、ネコちゃんも暖かい所が好きなので、コタツやストーブの前で寝ている所をよく目にすると思います。今回は、お家にある暖房器具で起きる低温やけどの注意についてご紹介します。 

暖房器具の安全な使い方
  1. ホットカーペット
    ホットカーペット
  2. コタツ
    コタツ
  3. ガスファンヒーター
    ガスファンヒーター
  4. 子牛を看病する犬

    瀕死の子牛の側を離れない犬の写真が話題になっている。 ラブラドール・レトリーバーのボスコは自宅の放牧場で一匹の瀕死の子牛を見つけた。母牛は弱っており世話が出来なかったようでボスコが子牛を見つけた時、子牛は冷えきった状態だったという。

    抗生物質を与えヒーターなども使い暖め続けたところ、子牛は4時間後位には少し動けるようになったそうだ。その間、ボスコは子牛のそばをずっと離れようとしなかったという。

    みんなの手厚い看護の甲斐もあり、子牛は3日後には普通にミルクも飲めるようになり、数週間後には牛たちの群れの中に戻ることが出来たそうだ。

    本の広場

    ブサイクな1匹の野良猫。「ぽー」と名づけられたその猫は、他の猫がご飯を食べ終わるのを陰でじっと待っている、遠慮がちな猫でした。彼の体はいつも汚れ、傷ついていました。

    そんな「町内最弱」のぽーを太田さんが家族に迎え入れます。そして徐々に太田さん、先住猫に心を開いていきます。 さらに、新たに保護した子猫のお世話も始め太田家にはなくてはならない存在になっていきます。

    いじめられながらも、他の猫には優しいぽーの姿に、切なくも心が温かくなるストーリーです。この本を手にしたらきっと猫と暮らしたくなるはず。やさしい猫と出会いたくなる はず。そんな1冊です。 。

    今月の予定
 
トップへ戻る